「病院の建替時に検討するべき3つのパターン」とチェックポイント!

こんにちは〜代表の澤です。

設備も古くなったし、スタッフも開院当時から倍増、全体的に狭くなってきたので、そろそろ建替を考えているのだけど…

札幌市内の医療法人さんから、隣地の取得を見据えながらのご相談です。

建替を考えられる時は3つのパターンを検証され、それぞれのメリットとデメリットをおさえた上で、計画を進めると迷いや手戻りがなくなります。」

■ 建替時に検討するべき3つのパターン!
【A】既存の建物を大改修する (一部増築も検討)。
【B】同敷地で建替を行う (建替後は既存建物解体)。
【C】別敷地で建替を行う (既存の土地建物は別用途もしくは売却)。

大きく見れば、『既存改修か建替か』ということです。

まずは【A】既存の建物を大改修する時 の「2つのチェックポイント」です!

① 耐震化は済んでいるか

厚生労働省の平成28年度の調査結果では、全国の病院のうち71.5%の病院が耐震化の工事を終了しているとのデータが発表されています。

新耐震の基準を満たしているかの判断は、昭和56年6月1日以降に着工した、厳密には建築確認申請がおりている建物かどうかです。

耐震化の工事は、病院にとってはとても大変な工事内容です。工事コストは高いし、基本的に建物を補強するためのいろいろな部材をとりつけていくので、騒音・振動が与える運営への影響を考えると、とても手ごわい工事内容です。

② スプリンクラーは設置されているか

100床以下の病床数の病院では、スプリンクラーの設置を緩和されている建物も少なくありません。

しかし、「既存の病院を改修の上で、手狭なので一部増築もしたい」とお考えでしたら、現行の消防法にてらしますとスプリンクラーの設置を余儀なくされるケースが多くなります。

スプリンクラーの設置は、廊下はもちろんのこと病室にも工事範囲が及ぶ上、更に非常用発電機やポンプなどの設置もありコスト面においても要注意です

他にも医療法上の廊下幅員の確保や、病室の内法面積がクリアしているかなども重要な視点となります。全てクリアしていなければ「建替」をおすすめします。

次回は【B】同敷地で建替を行う、【C】別敷地で建替を行う 場合のポイントをお話したいと思います。

関連記事

  1. 病院が建ってから30年目で、70%以上の病院が建替を検討

  2. 「病院建替時に検討するべき3つのパターン」とチェックポイント! その3…

  3. 「外壁の一部がが剥がれきた」、業者さんに伝えたい3つのポイント!

  4. 病院事務室内の”たこ足配線”、トラッキング現象…

  5. 毎日使う廊下の手すりと、万が一の時の消火栓、2つのチェックポイント !…

  6. 「医療の現場」も「建築の現場」も病気の原因を究明することが大切です