「病院建替時に検討するべき3つのパターン」とチェックポイント! その3

こんにちは〜代表の澤です。前回の【B】同敷地で建替を行う の続きです。

■ 建替時に検討するべき3つのパターン!
【A】既存の建物を大改修する (一部増築も検討)。
【B】同敷地で建替を行う (建替後は既存建物解体)。
【C】別敷地で建替を行う (既存の土地建物は別用途もしくは売却)。

最後は “【C】別敷地で建替を行う ” についてお話します。このパターンでは
「土地の取得に関する2つのチェックポイント」があります。

① 土地取得の際は、ハザードマップをチェックする

新規に取得する土地に関しては、診療券分析、公共交通機関や近隣の施設などのチェック、更に前回説明した「2本以上の道路の接道」にも気をつけてください。

加えて必ずチェックして頂きたいのが、「災害危険箇所図」いわゆるハザードマップです。これは市などの行政機関が、地震、洪水、浸水、土砂災害などの被害を予測し、被害のその地域の情報を掲載した地図のことです。

例えば、札幌市のホームページでハザードマップを見てみると、「地震防災マップ」「中小河川洪水ハザードマップ」「土砂災害危険箇所」などの情報がPDFで開示されています。

病院建築は、地下階を設けその部分に電気室、機械室、場合によっては放射線部門の一部を計画することがよくあります。河川の氾濫や浸水により、それらの部門に被害がおよぶと病院運営の存続に関わりますので、ハザードマップも見極めの材料にするのが良いでしょう。

また候補地が災害危険箇所区域に入っている場合でも、万が一の被害を最小限に抑えるための方策はあります。計画段階から災害への対応策を検討してもらうよう、設計・施工業者さんにお願いするようにして下さい。

② 土地の地盤が強固か軟弱かチェックする

これは「全ての条件が揃った良い土地だっだのだけれども、地盤が軟弱で杭工事にけっこうなお金と時間がかかった」という話です。7、8階建の鉄筋コンクリート造の病院でも、地盤が強固であれば杭は必要がなくなり、工事コストの圧縮と工期の短縮に繋がります。

しかし土地取得の検討段階で、地盤の詳細な調査をする時間と猶予はなかなかありません。そのような時は、実際に目をつけた土地にビルが建っていればその建物が建った当時のデータを、建っていなければ出来るだけ近い場所に建っているビルの地質調査のデータを手に入れて下さい

データ入手の方法は、直接ビルオーナーに打診するか、近隣で工事をしている業者さんもしくは、杭工事を専門にされている業者さんに聞くのが良いでしょう。

今回の2つのチェックポイントは見落としがちな内容ですが、事業コストと運営に大きくかかわります。「目には見えない土地の特性」にも注目しながら検討を進めると、事業性はより高まります、要チェックです!

関連記事

  1. 手指衛生の5つのタイミングと、院内感染を回避するための2つのポイント!…

  2. 在宅復帰率 89.6% 回復期リハビリテーション病院の5つの秘策

  3. 「病院の建替時に検討するべき3つのパターン」とチェックポイント!

  4. 「外壁の一部がが剥がれきた」、業者さんに伝えたい3つのポイント!

  5. 「医療の現場」も「建築の現場」も病気の原因を究明することが大切です

  6. 虫の発生で手術を一時的に中止、生息環境をつくらないチェックポイント