40歳の時に、残り30年の生き方を決める「鷹の選択」の話

最近になって初めて「鷹の選択」という衝撃的な話を知りました。

本来70年間近く生き続けることが出来る鷹は、約40歳を迎える
時に、その後の人生を左右する大きな決断にせまられます。

その年齢に近くなった鷹は、鋭かったクチバシも長く曲がり、
爪も弱くなり獲物を上手く獲ることができなくなります。

ここで鷹は「2つの選択」におかれます。

1つはこのまま最後を迎えていくか、それとももう一度自分を鍛え
あげる、変化の道を選ぶのかの2択です。

自分の変化を選んだ鷹は、最初に山頂に安全な巣をつくります。

そしてとても苦しいいくつかのことを始めます。
まず、クチバシを岩に叩きつけてこわします、そうすると新しい
クチバシがはえてきます。

それから出てきたクチバシで、爪を1つずつとっていきます
そして爪がはえてくると、今度は羽根を一本づつ抜いていきます。

こうして半年が過ぎたころ、新しい羽根が生え新しい姿になります。

そしてまた空高く飛び上がり、残りの30年を生きて生きます。

曲がったクチバシを、自ら折ってしまう鷹の映像は、ネット上にも
アップされています。

鷹も我々人間と同じように、勇気と決断力を持っているのですね。

関連記事

  1. そういえば20年前、ナイチンゲールに助けられたことが…

  2. 東日本大震災のなかパソコンがなくても、手書きで図面を作成した技術者達 …

  3. 熊は知っている! どこに立てば、鮭が飛び込んできてくれるかを

  4. 2500年前の言葉「聞いたことは忘れる、見たことは覚える」by老子

  5. あれから40年、専門特化された医療の現場で、なんでも診てくれる先生

  6. 競争から協調への流れ「地域医療連携推進法人制度」のメリットとその課題

最近の記事

制作実績一覧