40歳の時に、残り30年の生き方を決める「鷹の選択」の話

最近になって初めて「鷹の選択」という衝撃的な話を知りました。

本来70年間近く生き続けることが出来る鷹は、約40歳を迎える
時に、その後の人生を左右する大きな決断にせまられます。

その年齢に近くなった鷹は、鋭かったクチバシも長く曲がり、
爪も弱くなり獲物を上手く獲ることができなくなります。

ここで鷹は「2つの選択」におかれます。

1つはこのまま最後を迎えていくか、それとももう一度自分を鍛え
あげる、変化の道を選ぶのかの2択です。

自分の変化を選んだ鷹は、最初に山頂に安全な巣をつくります。

そしてとても苦しいいくつかのことを始めます。
まず、クチバシを岩に叩きつけてこわします、そうすると新しい
クチバシがはえてきます。

それから出てきたクチバシで、爪を1つずつとっていきます
そして爪がはえてくると、今度は羽根を一本づつ抜いていきます。

こうして半年が過ぎたころ、新しい羽根が生え新しい姿になります。

そしてまた空高く飛び上がり、残りの30年を生きて生きます。

曲がったクチバシを、自ら折ってしまう鷹の映像は、ネット上にも
アップされています。

鷹も我々人間と同じように、勇気と決断力を持っているのですね。

関連記事

  1. 『PICU』ドクター、「最も患者さんにとって良い結果になるように」

  2. 今から20年後の病院では、たくさんのロボットが活躍しているかも…

  3. ビジョンと経営戦略のある病院づくりを目指す、”病院建築研究…

  4. 成田空港から札幌へ

  5. 医療スタッフを乗せたFlying Hospitalが、世界各国へ飛び立…

  6. 病院を運営する2つの委員会の対立の中、ハードとソフトの両面を大改革!