以前の航空機の操縦席には、GPSのかわりに星を見る天窓があった

こんにちは代表の澤です!

今回、ホームページリニューアルしました。

トップページの画面は、私が気に入っている「北極星」と「鷹」
2つの画像が繰り返し見えています。

この星空の画像の中で、その中心に位置して1つだけ動かず少しだけ
明るい星が「北極星」です。北極星は地球が自転している軸の延長上
近くにあるため、地球上からは一定のところに見えます。

現在は人工衛星によるGPSのおかげで、スマホを持っていれば世界中
どこにいても自分の位置がわかります。

このようなテクノロジーが発達する前は、北極星の位置から自分の位置
を把握していました。
最近、TVのニュースでJALのパイロットの方が
お話していましたが、旧型の旅客機においても自身の位置を把握する
ために操縦席の上部には、星を観察するための天窓がついていたそうです。

「常に自分の立っている位置を把握すること」は、自分の進むべき道筋を
考えるうえで大切なことだと感じています。
そのような思いを込めて今回
のトップページの画像の1つとしました。

関連記事

  1. 「人間万事塞翁が馬」この言葉、明日の朝まで覚えてられますか !

  2. タブレットやスマートフォンを利用して、自宅の寝室が病室となる時代がやっ…

  3. 医療スタッフを乗せたFlying Hospitalが、世界各国へ飛び立…

  4. 競争から協調への流れ「地域医療連携推進法人制度」のメリットとその課題

  5. 東日本大震災のなかパソコンがなくても、手書きで図面を作成した技術者達 …

  6. あれから40年、専門特化された医療の現場で、なんでも診てくれる先生