「2025年問題」の〝団塊の世代〟って小説の中の呼び名なんですね

こんにちは代表の澤です!

昨日、東京で証券マンとして活躍し、札幌に戻り会社を起こし、医業経営
コンサルタントとして活躍している
10年来の友人に会いました。

話題は、日本の今後の経済動向、その1つのキーワードは「2025年問題」

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて、国民の3人に1人が65歳以上、
5人に1人が75歳以上
という、超・高齢化社会を迎えます。

ところで皆さんは「団塊の世代」ってどんな世代かご存知でしょうか。
日本で1947年〜1949年に生まれた約810万人をさし、この3年間に
生まれた方々を「第1次ベビーブーム世代」と呼んでいます。

さらにこの世代を作家の堺屋太一さんが、1976年に発表した小説に
よって名づけた言葉が「団塊の世代」
です。

日本の人口推移を調べると、1950年の総人口は約8300万人、つまり
団塊の世代はだけで約1割をしめていたことになります。改めて考える
ととても大きな割合をしめています。

この年代は、1960年代には大きな労働力として、日本の経済成長を
支えてきたと同時に、ファッション、マスメディア、家電・自動車・
建設業界などの分野で巨大なマーケットを生み出し、日本は大きな
発展をとげました。

「問題」はその年に、医療・介護の各分野でその方々の受け入れ
体制が十分に整っていないことです。

 

関連記事

  1. 160年前のイギリスで、病院環境を改善させた”女性統計学者…

  2. 40歳の時に、残り30年の生き方を決める「鷹の選択」の話

  3. あれから40年、専門特化された医療の現場で、なんでも診てくれる先生

  4. 病院建築研究所のサイト名を、『選ばれる病院 Labo』に改名しました!…

  5. 以前の航空機の操縦席には、GPSのかわりに星を見る天窓があった

  6. 競争から協調への流れ「地域医療連携推進法人制度」のメリットとその課題

最近の記事

制作実績一覧