『PICU』ドクター、「最も患者さんにとって良い結果になるように」

こんにちは代表の澤です!

昨日、楽しみにしていた“プロフェッショナル”仕事の流儀”を見ました。

「道をひらく、小さな命のために」という番組タイトルで、埼玉県立小児
医療センターの植田育也先生
が、出ておられました。

先生がおられる部門はPICU、《Pediatric Intensive Care Unit》の略で
小児集中治療室
という名称です。

2007年にわたしは札幌市内の総合病院で、類似している名称のNICUの設計
業務
の仕事に就かせて頂きました。

PICUは小児集中治療室、NICUは新生児集中治療室です。

PICUはインフルエンザによる急性肺炎や脳症、心臓疾患などの手術後に、
集中管理を必要とする小児が入ります。

一方、NICUは低出生体重児や呼吸状態の悪い新生児、先天疾患等を持つ
新生児が対象となります。

両方の治療室とも、建築の仕上面や設備方式においては、大きな違いは
ありませんが、お部屋を見ると一目でわかるのが、治療室内に設置して
あるベッドの大きさです。

NICUのベッドはベビーサイズの小さなもの、PICUのベッドはキッズ
サイズもしくは大人と同じ大きさのベッドがおいてあります。

今回の番組内でも、アパート火災の現場から救出された、生後8ヶ月、
2歳の女の子、4歳の男の子の3人兄弟
に、植田先生がずっと向き合い
無事に回復した様子が映し出されていました、PICUならではですね。

番組後半、プロフェッショナルとは…との問いかけに、植田先生は
「進むべき道を、見つけ出す力ですね」
とのコメント。

シンプルですが、すべての仕事に繋がる、力強い言葉と感じました。

関連記事

  1. 東日本大震災のなかパソコンがなくても、手書きで図面を作成した技術者達 …

  2. 「2025年問題」の〝団塊の世代〟って小説の中の呼び名なんですね

  3. ビジョンと経営戦略のある病院づくりを目指す、”病院建築研究…

  4. おかげさまで今年の5月で、起業して12周年

  5. 「人間万事塞翁が馬」この言葉、明日の朝まで覚えてられますか !

  6. 今から20年後の病院では、たくさんのロボットが活躍しているかも…