熊は知っている! どこに立てば、鮭が飛び込んできてくれるかを

こんにちは代表の澤です!

先日の東京への出張の際に、今の自分にとって印象に残る話しを聞きました。
その方は、現在マーケティングの分野で活躍しており、とても勉強家であると
同時に読書家でもあります。

今、読まれている本の1冊が森岡毅さんが書かれた、「確率思考の戦略論」で
サブタイトルが「USJで実証された数学マーケティングの力」というものです。

USJ、そうです、あのユニバーサルスタジオジャパンです。森岡さんは、右肩
下がりであった2010年に、他の分野からこの世界に入り、投資総額450億円を
つぎ込み5年後の10月に、入場者数175万人/月の記録を打ちたてたのです

もちろん、その月はあの強豪のテーマパークを超えて日本で1番になりました。

本を紹介してくれた方とも10年以上のお付き合い、以前から「立ち位置は大切」
と言われおり、いつもマーケティングを意識しているのだと思いました。

「どのタイミングで、どこに立って、どんなターゲットを、どの様に待つか」

北海道に生息している熊も、よ〜く知っています。

関連記事

  1. 2500年前の言葉「聞いたことは忘れる、見たことは覚える」by老子

  2. 病院建築研究所のサイト名を、『選ばれる病院 Labo』に改名しました!…

  3. 「2025年問題」の〝団塊の世代〟って小説の中の呼び名なんですね

  4. 『PICU』ドクター、「最も患者さんにとって良い結果になるように」

  5. 2040年には世界の総人口を、pepperのようなロボットが追い越すか…

  6. 持ち場を離れることが出来ない、自分の代わりに行ってくれるロボットが欲し…