火災に効力を発揮する3つの仕掛け、あなたはいくつ見つけられますか?

こんにち代表の澤です!

わたしが20年間暮らした小樽の街には、機能的で味わい深い建物が多く
あります。

こちらの建物は小樽市の指定歴史的建造物である「旧名取高三郎」です。
明治39年、今から111年前に建築された、商店です

画像をよ〜くご覧ください、それでは問題です!
「この建物には、火災が起こった際の類焼において、大きな効力を発揮
する3つの仕掛けがあります。それはいったいどこでしょう。」

小樽は、貿易で国内外の貿易で急速に発展した街です。坂の街と言われ
山と海が迫る狭さくな土地において、急ピッチで開発が進められました。

そのため材料の選択や、火災の拡大を防ぐための防御がなされないまま、
何度かの大火に見舞われ、明治37年の大火では隣町にまで火災が拡大し
2500余りの住戸を焼き尽くした
と伝えられています。

その経験を活かし、火災、特に被害を拡大させないため、類焼に関する
様々な工夫がなされるようになりました。

さて先ほどの問題の答えです。

外壁に使用されている厚さ15センチメートル程度の耐火性の高い軟石

2階の窓部分に設置されていいる、防火性能がある漆喰の両開きの扉

隣家との2階境界部に設置されている、類焼を防ぐ高い袖壁(うだつ)

3つとも、直観的に効力を発揮しそうですよね。

このような防火材料の採用、防火扉の設置、防火壁の構築という手法は
現代の設計手法にも活かされ、どんどん進化しています。

画像のような建物は、商いが盛んだった運河沿いに多くあります。今度、
小樽を散策される機会がありましたら、目線をちょっと上げて、大火の
辛い経験を活かした建物のつくりも、ぜひご覧ください。

関連記事

  1. 全国的にも珍しい、5パターンに色分けされている小樽市の消火栓

  2. 「工期短縮・コスト削減・高機能」 今から126年前、明治24年の建築技…